飲食店のアルバイトを経験して得られるもの

広い視野と先を見る力

ランチやディナーの時間にはひっきりなしにお客さんが来店し、それぞれテーブルに付き、注文し、会計をしていきます。常にすべき作業が新たに発生し、一つ一つに対応していかなければなりません。お店によってはそれぞれ役割分担が行われているところもありますが、それでも作業は蓄積され、追われることになります。そのために常に先を見据えながら効率的に作業を進めることが必要になりますし、広い視野を持って全体状の状況を把握し続けることも重要になります。

作業を効率的に行なう速度

飲食店ではスピードが求められます。そして、正しく適切な作業を常に行わなければなりません。ほとんどの飲食店ではマニュアルが作成されており、それに則った手順で作業を進めていけばよく、その内容さえ覚えてしまえば誰でも一人前になることができます。ただ、忙しいあまりに作業を省略してしまい、完璧に作業を終えた状態で次にいくことが難しい場合もあります。とはいえ、マニュアルは守らなければなりません。より効率的に、そして早く行なう工夫が求められるのです。

チームワークと協調性

作業内容がそれぞれ役割分担されているとはいえ、それぞれの作業は密接に関わっていますし、すべてお店の運営に必須であるために、誰一人として手を抜くわけにはいきません。また、その作業量は膨大な量であり、それぞれが分担して行なわなければなりませんが、作業に追われて身動きが取れない場合もあります。そうした場合には速やかにサポートに入らなければなりません。そしてそれは言葉やアイコンタクトを用いずに無言で機能をするチームでなければならないのです。

飲食の求人なら大阪では、夜遅い時間帯や土曜・祝日・日曜日の勤務の場合、時給アップしてくれるところがあります。